贈与税が非課税になる特例制度が人気を集める一方で、準備不足や制度の不勉強によって、課税されてしまうケースが足元で増えている。住宅取得資金贈与をめぐっては、業者に言われるがまま工期を延長したことで、非課税になる住宅の引き渡し期限に間に合わないというのが、代表的な事例だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。