インド人の日本製品への熱狂的な支持は、自動車メーカーのスズキがインド政府との合弁で「マルチ800」を発売した1980年代から始まりました。インドの家庭では、もしも買いたいものがあれば、日本製から選ぶべきだと教えられます。これらの歴史的経緯を踏まえ、現在のインド人が抱く日本企業とその製品に対する印象を見てみましょう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。