新興国の“優等生”とされ、急成長を遂げてきたインドネシアが逆風にあえいでいる。中国の景気減速や米国の利上げ観測というグローバル経済の荒波と、国内政治の停滞が相まって通貨ルピアの下落が止まらない。成長のけん引役だった内需にも陰りが見え始めた。インドネシア経済の今を現地レポートする。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。