前回、音声認識入力機能を使って文章を書くことについて述べた。音声認識はパタン認識の一種だが、これは極めて難しい技術だ。パタン認識は、コンピュータが人間に比べて最も劣る分野であるとされてきた。一昔前まで、音声認識のためには、自分の声をコンピュータに教え、調教しなければならなかった。5年前でさえ、この技術は、実用的にならなかった。人工知能的な方法を用いることにより、音声入力が実用的になってきたのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。