ベストセラーになった小川洋子の小説『博士の愛した数式』の主人公の専門は整数論だった。高木彬光の推理小説に出てくる名探偵神津恭介が書いた博士論文のテーマも整数論だという。日本では数学者というと整数論のイメージが強い。今回は、筆者の専門ではないのだが、整数論の話をしよう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。