出版業界から“敵視”されることが多い新古書チェーン店ブックオフだが、読み終えた本を持ち込んだ経験のある読者は少なくないだろう。ブックオフの店舗に持ち込まれた本は、長らく「きれいかどうか」だけが絶対の判断基準だった。本の状態によって5種類に仕分けし、アルバイト店員が機械的に値付けをする。その後、段階的に値下げされて一定期間内に売れなかった本は、最終的に100円コーナーへ回される。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。