著作権が切れた小説などをインターネットで公開する「青空文庫」が危機を迎えている。TPP(環太平洋経済連携協定)交渉で、著作権の保護期間を著者の死後50年間から70年間に延ばすことが大筋合意されたからだ。青空文庫は、賞味期限の短いネットの世界にあって、今年、開設18年目を迎えた老舗サイト。無料公開する文学作品をパソコンに入力するボランティアらが取り組みを支える。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。