大手書店の紀伊國屋書店が、村上春樹氏の自伝的エッセイ『職業としての小説家』の初版本10万部の9割を買い取り、論争を巻き起こした。同社はなぜ出版流通の“掟”を破ったのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。