経営再建中のスカイマークは、9月29日に新経営体制となり、会長には佐山展生・インテグラル代表が、社長には日本政策投資銀行出身の市江正彦氏(写真、55歳)が就任した。スカイマークのスポンサー選定を巡っては、これまでに揉めに揉めた経緯がある。スカイマークは、ANAがスポンサーとなった後も、「株主間契約で経営の独立性は維持される」(元幹部)としている。 

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。