太陽系創成期のころ、原始太陽の周りにはミクロンサイズの固体微粒子やガスが円盤状に集まっていた。太陽系円盤の比較的真ん中付近、現在の火星~木星間より内側では、ダストは岩石や金属が、外側では氷が主成分だった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。