社長就任から8年を超え、勇退が近いとうわさされる清水建設の宮本洋一社長(68歳。写真)。代々、建築部門が社長を輩出し、後任候補には建築事業本部長の寺田修副社長(62歳)や、同副本部長の今木繁行専務(60歳)のほか、今年常務から専務に昇格した井上和幸名古屋支店長(59歳)の名前が浮上する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。