「つばめ」の愛称で親しまれた蒸気機関車のC62、新幹線の955形、そして超電導リニアのMLX01-1──。いずれも当時、世界最高速度を記録した車両だ。こうした高速鉄道をはじめ、実物車両39両が一堂に会する場所がある。名古屋市の金城ふ頭で、JR東海が運営する「リニア・鉄道館」だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。