8月中旬以降、米国利上げ懸念と中国をはじめとする新興国の一段の動揺がトリガーとなって金融システムの緊張が高まった。FRB(米連邦準備制度理事会)の9月利上げ見送りは、利上げ時期をめぐる“不透明感”と米国経済への“懸念”をかえって煽ってしまったようである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。