なんとモノクロ&サイレントの『アーティスト』がアカデミー作品賞に輝いた(DVD未発売)。VFXや3Dにうつつを抜かしていないで映画の原点に返れ、ということだろうが、今度は芸術かぶれの流行が心配だ(ノミネート作品の『ツリー・オブ・ライフ』がいい例)。娯楽作が欲しい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。