最近、仕事と社会のデジタル化は、すさまじい勢いで進行している。仕事のプロセスや組織の在り方に止まらず、産業構造から人間関係や価値観までじわじわと変えつつある。現在進行中の技術発展がどのような性格を持ち、その帰結がどうなるかについて、将来への不安もある。本書『ザ・セカンド・マシン・エイジ』は、前作『機械との競争』(原著は2011年。日本語版は13年5月18日号の書評欄で紹介)以降の研究成果を織り込んであり、論点が整理されている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。