東芝の室町正志社長は、不正会計問題に関する9月7日の会見で、「株主などのステークホルダーの皆さま方に心から謝罪する」と述べた。これを聞いて私は心の底から驚いた。なぜなら、株主はステークホルダーではないからである。ステークホルダーとは利害関係者のことであって、顧客、取引先、従業員などがそれに当たる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。