ふたを開ければ、与党人民行動党(PAP)のほぼ思惑通りの結果となった感がある。去る9月11日、定数89議席をめぐるシンガポール議会(一院制)の総選挙が実施され、投票率93%超の下でPAPが83議席を獲得、得票率は69.9%だった。PAPが議席の大部分を占める結果となることは自明の理であったが、今回の選挙では従来にない緊張感が漂っていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。