セ・リーグの首位攻防戦、阪神対巨人(9月9日、甲子園球場)。3対3同点の場面で巨人・原辰徳監督は、代走・鈴木尚広を告げる。マウンドには、阪神の抑えのエース・呉昇桓が登っていた。九回ノーアウト、ランナー一塁。盗塁が決まれば最大のピンチになる。鈴木の「足」を警戒して、呉は執拗にけん制球を投げる。その焦りからだろうか、けん制球がそれてファールグラウンドを転々とする。その間に鈴木は、快足を飛ばして一気に三塁を陥れる。呉の単なるミスのように思えるプレーだが、ここに鈴木の積み重ねてきた経験と技術、思考が凝縮されていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。