技術経営論は、イノベーションには三つの関門、すなわち(1)開発段階の「魔の川」、(2)事業化段階の「死の谷」、そして(3)販売段階でライバルが次々と出現する「ダーウィンの海」をクリアする必要を説く。しかし、いかにしてそれらの問題を克服するかについての論説には、断片的で、なじみのない新製品を売る難しさや、強力なライバルの出現を想定しないものもある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。