中国西南部の中心都市で、四川省の省都である成都(せいと)を取材して歩いた。数千年の歴史を持ち、三国志の時代は蜀(しょく)の都として栄えた。このため、諸葛亮(字は孔明)を祀った「武侯祀(ぶこうし)博物館」をはじめ、市内には幾多の史跡が点在している。古い街並みを見ていると、京都や奈良、鎌倉にいるような気もする。参拝に訪れる仏教徒も少なくない。しかし、古刹(こさつ)に容赦なく掲げられた「抗日戦争勝利70周年」の断幕を見ると、やはり紛れもなく共産主義国家である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。