8日の参院予算委員会。言論の府とは名ばかりのヤジと怒声が飛び交った。「国会崩壊」と表現してもいい無残な光景が広がっていた。藤村修はともかく、ヤジの集中砲火を受けていたのが防衛相の田中直紀と国土交通相の前田武志だった。とりわけ田中は就任当初から閣僚としての資質を問われ続けていたが、13日の北朝鮮によるミサイル発射をめぐる危機管理の対応、そして国会答弁のお粗末さで逃げ場を失った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。