6月22日、経済産業省が進める実証研究事業の2基目となる浮体式洋上風力発電設備「ふくしま新風」が完成し、福島県いわき市の小名浜港で安全祈願式が開かれた。全高は50階建て高層ビルに匹敵する188メートル。3枚ある風車の羽根1枚の長さは82メートルに及び、出力は洋上風力としては世界最大の7000キロワットを誇る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。