天津市濱海新区の危険物倉庫で発生した大規模爆発事故から、約1カ月たった。死亡者数は160人を超える大事故である。事故から数日後には爆発現場からさほど遠くない川で魚が大量死しているのが見つかった。中国当局は爆発との関連を否定しているが、環境面への影響は否定できない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。