「資本主義の父」に「最強の銀行王」、そして「財界の鞍馬天狗」まで、かつて日本の銀行界には伝説の頭取たちがいた。彼らによって成し遂げられた偉業がなければ、明治維新後の日本の近代化は間違いなく遅れていただろう。さらに言えば、明治期から続く日本の大企業の一角は確実に存在していなかったし、三井という名前はこの世から消えていたかもしれない。また、戦後の高度成長を支えた基幹産業は再編が一向に進まなかった可能性もある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。