北関東がまたぞろ騒がしくなってきた。再編候補として必ず名前が挙がる地方銀行の観測報道が再び業界をにぎわせたからだ。それは足利銀行(栃木県)だ。毎度お騒がせする理由は、足利銀行の松下正直頭取の経営判断というよりも、親会社である足利ホールディングス(HD)の株主構成にある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。