「地域経済の活性化なくして地銀の将来はない」(森俊英・南日本銀行頭取)地域社会に根差した地方銀行の経営は地元経済の発展と共にある。一般企業のように単に収益拡大に走ればいいわけでもない。かといって、人口減少や金利低下が続く中、地元で安穏としていては、生き残ることすら難しい時代を迎えている。それでは頭取・社長たちは、どういった考えで地銀の経営を担っていくつもりなのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。