世界各国の株価が大きく下落した。この原因として一般に指摘されているのは、中国経済の減速だ。確かに中国経済は減速しているし、中国の株価も下落している。これがもたらす心理的影響は大きいだろう。しかし、前回にも述べたように、中国株式市場は世界の金融市場から隔離されているし、中国への輸出減少が先進国経済に与える打撃も限定的だ。とりわけ、アメリカ経済は、対中輸出減で大きな影響を受けることはない。従って、中国の問題が世界株安の原因だという見方は、表面的なものだと言わざるを得ない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。