北京で開かれた陸上の世界選手権は、世界記録保持者のウサイン・ボルト(ジャマイカ)が宿敵ジャスティン・ガトリン(米国)を撃破し、男子100、200メートル、400メートルリレーの三冠を達成した。来年のリオ五輪の前哨戦としてそれなりに盛り上がり、日本勢でもサニブラウン・ハキーム(城西高2年)が彗星のごとく出現。200メートル準決勝を中継したTBS系の瞬間最高視聴率は25.5%を記録した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。