宇宙は数学という言葉で書かれている、というのは16世紀の物理学者ガリレオ・ガリレイの言葉である。ガリレオの有名な発見に物が落下するときの運動の法則がある。ガリレオは、空気抵抗がなければ物体は一定の加速度で落下することを発見した。加速度は位置の2回微分である。位置の1回微分は速度、すなわち位置が変化する割合だ。加速度は速度の変化する割合である。ガリレオの法則は、位置を表す関数の2回微分が一定であると書き換えられる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。