パナソニックが欧州で目下、暖房システムの自動制御技術の開発を進めている。独電力大手エーオンとアーヘン工科大学が共同出資で設立した研究センターと連携し、ダイナミック・プライシングに対応した暖房システムの制御や省エネの技術などについて、研究を進めている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。