習近平(シー・チンピン)が16歳から7年間暮らした陝西省延安の梁家河村が、空前の観光ブームに沸いている。今年5月、習の当時の生活ぶりを写真やパネルで紹介する資料館が村中心部の小学校を改築してオープンし、人口1000人ほどの村が巨大なテーマパークに生まれ変わった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。