どこかに先に書かれるんじゃないか──。特ダネをつかんだ瞬間、高揚感に酔いしれると同時に、えも言われぬ不安感に襲われるのが記者の常です。週1回の締め切りで勝負する経済誌ともなれば、不安感の方がどうしても勝ってしまいます。今号の特集は、担当記者がつかんだ、飲料業界の二つの大きな“ネタ”が起点です。詳細は誌面に譲りますが、辛抱強く長期間にわたって裏取りに注力。担当デスクが、ストレートニュースとしてではなく、経済誌ならではの視点と料理法でストーリーの中に組み込みました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。