「半年後に、百貨店2店で直営店を同時オープンする。企画はポッキーでやること以外決まってない。頼むわ」。2012年4月。チョコレート商品の開発担当を経て、組合専従、営業を経験してきた大森輝一は、異動の辞令を受けた初日から混乱していた。何しろ開口一番上司から告げられたのは、この“むちゃぶり”の仕事だったからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。