「冷蔵庫にディスプレイを付けたらどうなりますかね」。きっかけは昨年5月。ハイアールアジアの伊藤嘉明社長(45歳)が、会議の場でポツリと漏らした一言だった。現在、ハイアールアジアでは埼玉県熊谷市に開設した研究開発拠点を舞台に、「アクアDIGI」と名付けられた液晶ディスプレイ付き冷蔵庫の開発が、年内の発売を目指し進められている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。