乱高下する株式市場に対する中国政府の介入策が物議を醸していたさなかの7月10日、李克強首相は座談会を主催し、経済学者や企業家たちの意見に耳を傾けていた。「今期の政府は五つの経済指標を注視している。成長・物価・就業・収入・環境の目標を協調的に発展させなければならない」。李首相はこう提起し、経済が合理区域内で運営されるべきだと強調した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。