大衆薬の雄、大正製薬が今夏をもって完全に代替わりした。オーナー家の上原明氏(74歳)を中心とした3巨頭体制から、明氏の長男である上原茂氏(39歳)を筆頭とする兄弟体制へシフトしたのである。創業100周年を迎えた2012年には、茂氏がグループ中核会社である大正製薬の代表取締役社長に昇格し、第1段階の代替わり人事が行われた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。