高齢化の進行と人口減少に伴う労働力確保の重要性は随所で指摘されているが、数字で見てみると衝撃的だ。65歳以上人口の15~64歳人口に対する比率である高齢者従属率は、日本は2000年に25%であったものが50年には74%になると推定されている(国際連合による08年の推定)。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。