日本の食品メーカーは、高度経済成長期のモデルから脱し切れていません。そんなの通用するわけがない。変えていく必要があります。例えば、営業効率が圧倒的に悪い。メーカーにも卸にも営業マンがいて、訪問する店舗が重複しています。これはカルビーの松本会長とも意気投合したのですが(笑)、無駄です。ネスレ日本では、うちの営業マンが行く店と卸に代行してもらう店をすみ分けました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。