魚介類の自給率は、1964年の113%をピークに減少し、いまや60%。近年は買い負け・気候変動リスクが高まっており、魚は大衆食ではなく“高級食材”になりつつある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。