運用資産総額185兆円を超える仏最大手の保険グループであるアクサが今年6月、アジアを成長戦略の核に据えたと明らかにした。その表れが、これまで本国フランスのボルドー地区でしか行ったことがない「International Media Seminar」を中国・上海の地で行ったことだ。アクサのアジア戦略の全貌に迫った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。