道に空き缶が落ちていたら、桜蔭の子は「本を読んでいて気付かない」、雙葉の子は「静かに拾ってごみ箱に捨てる」、女子学院の子は「みんなで缶蹴りを始める」。首都圏の女子御三家の校風を見事に言い表した、そんな笑い話がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。