「本校では社会や体育など、英語科以外の教諭も生徒と一緒に国際教育を受けているような状況です」 こう語るのは、同志社香里中学校・高等学校の瀧英次教頭だ。一般に留学や研修などで生徒を海外へ派遣する際には、教師の引率がない場合が多い。しかし、同校では必ず、英語科担当に限らず教師が引率するため、同校のほとんどの教師が生徒と同様に海外研修を経験しているのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。