液晶事業を中心とした業績の悪化による2200億円超の巨額赤字の計上、シャープ単体での債務超過への転落、取引銀行による資本注入などによって、当初「余剰感はない」(髙橋社長)と言い切っていた人員について、大幅な整理を迫られている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。