シンガポールの現地新聞に“Singapore losing medical tourists to neighbours”という記事が掲載された。シンガポールドルが強くなり、タイやマレーシアなど医療ツーリズムに力を入れている近隣国と比べた医療コストが高まった結果、シンガポールの医療ツーリズムの収入が減少。特にインドネシアから来る人々からの収入が2013年は前年比38%減少しているとのこと。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。