戦後70年を記念して多くの書籍が発行されているが、そのほとんどが過去の総括である。これに対して、東郷和彦著『危機の外交』は、過去の総括と同程度に未来への展望にページを割いている。特に北方領土問題に関する提言が興味深い。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。