日本の戦後処理は個人補償ではなく伝統的な国と国とによる解決を行ってきたし、それは全然おかしなことではなかった。ただ、それでは納得できない人たちが、人権意識の高まりとともに声を上げだし、国際社会の中で一定の政治勢力になりつつある。今、日本は、この課題にどう対応するかということが問われている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。