「Minister No More!(もう大臣辞めます!)」。7月6日、ギリシャのバルファキス財務相は自身のツイッターでそうつぶやいた。革ジャンに開襟シャツ、ノーネクタイでバイクを乗り回す──。“ちょいワル”な風貌と強気な発言で、就任当時から話題を呼んでいたバルファキス財務相。ユーログループ(ユーロ圏の財務相会合)は官僚的な合意形成を重んじる場とあって、異質な存在は歓迎されなかったようだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。