アメリカでフリーランサーが増えている。これは、組織に属さず、個人ベースで仕事をする人だ。フリーランサーの数は、正確には分からないが、アメリカでは4人に1人といわれる(日本では40人に1人)。5000万人を超すとの報道もある。フリーランサーは、日本の非正規労働者やパートタイマーとは違う。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。