官民ファンドの産業革新機構が主導するかたちで、ソニーと東芝、日立製作所の中小型液晶部門が統合して誕生した、「日の丸液晶連合」のジャパンディスプレイ(JDI)。昨年3月の上場以降、3度も業績を下方修正し、市場からひんしゅくを買った中で、JDIは今年6月、元三洋電機副社長の本間充氏(67歳)を、会長兼CEOとして招いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。