最近放映中の第一三共のテレビCMは、病名は出てきても製品名「メマリー」が入っていない。実はこれ、「疾患啓発」というタイプの宣伝手法だ。新しい治療があることを訴求して受診を促し、売り上げにつなげるのである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。